個人間融資くじらってどんなの?

仕事の不調や借金返済などで、なかなか家計が苦しいというところは多いのではないでしょうか。お金を借りるとはいっても、自転車操業になっていたり、ブラックになっていたりなどでお金が借りられないといった人も多いです。以前であれば、そういった状況になってしまったら闇金融で借りるか知り合いからお金を借りる、もしくは個人再生や自己破産などといった手段しかありませんでした。しかし、最近では、ネット上で個人同士でお金の貸し借りをすることが出来るのです。個人間融資くじらは、そういったお金の貸し借りをしたい個人の方の仲介をする掲示板です。掲示板ですが規約がしっかりとしていて、掲示板内でのやり取りはもちろん、法外な利息の請求や、利息以外の請求がないように規約がしっかりと決まっています。個人間融資では、顔も知らない個人間同士のやり取りとなるので、まず信頼してもらうことが大切です。借りたいと思っている人は、自分がどういった状況なのか、返済は何日までに行うのかなど、理解してもらえるように話すことです。個人間融資くじらでも、そういった常識がなく、借主として不適切な態度の人にはなかなか融資がついていないことも現状です。個人間融資には、まだまだたくさんの課題がありますが、個人間融資くじらのようにしっかりと規約が決められている掲示板の利用がもっとも安心です。きちんと返済が出来るようになるためのステップとして借りるのが一番です。

個人間融資トマトは使えるサイトです

個人間融資とはインターネット掲示版を利用してお金を借りたい人と貸してくれるという人を結びつける仕組みです。掲示版サイト自身は仲介手数料などを受け取っていないので基本的にボランティアで運営されていて、利益があるのは貸主だけということになります。個人間融資トマトはそのようなサイトの一つで比較的活発に活動している掲示版サイトです。多くの個人間融資と同じように個人間融資トマトも借りたい人、借主がまず書き込み、それに貸したい人、貸主が応じる形になっています。利息やその他の条件は個人間で話し合って決めますが、一般的には振込で貸付、翌月返済で月利が一割、あるいは10.5%です。金額は3万円から5万円くらいですが、はじめてでなければ10万円くらいのこともあるようです。普通はネットでのやり取りだけで直接合うことはありません。個人間融資トマトもこう言う仕組みですが、この様な仕組みで問題なく貸し借りできのでしょうか。それはなんとも言えません。特に借主が返済しなかった場合には貸主が自分で取り立てなければなりませんがそのための仕組みがありませんし。当然ですが借りたまま逃げてしまうトラブルが起こるようです。その時に弁護士を立てて取り立てや差し押さえをするのでは割に合いません。多くはそのままになっているのでしょう。しかし実際にはちゃんとした返済してくれる人の方がずっと多いのでそれなりに成り立っているようです。小額の融資では使えるサービスと言えるでしょう。もちろん総量規制対象外でしょうから貸主がOKを出したら年収の3分の1以上も借りる事は可能ですね。

掲示板2chの個人間融資は

インターネットの広がりとともに増えてきたのが2chなどの掲示板での個人間融資です。銀行や消費者金融からお金を借りようと思うと審査が必要ですので、必ず借りられるという保証はありません。また、家族、友人、知人の誰からも借りることができない、そうなると誰でもいいからお金を貸してくれる人を探すしかなくなります。そこで利用されるのが2chの個人間融資です。2chとは、日本最大級のインターネット掲示板であり、その中の個人融資掲示板にてお金を貸す人と借りたい人を繋いでいます。お金を貸す旨の書き込みや借りたい旨の書き込みを見て、個人アドレスで連絡を取り、個人間で融資の契約を結びます。ただ、個人間での融資でも法律に従った貸し借りをする必要があり、債権者と債務者で自由にやり取りをしていいというわけではありません。例えば、金利は利息制限法に従い15%~20%の間で設定しなくてはなりませんが、多くの場合、融資時に金利の説明はなし、結果として法外な金利を請求されるという問題が生じています。また、支払えないので返済を待ってくれとお願いしても、脅されて困ってしまう事態になっているようです。こうした個人間融資の貸主のほとんどは闇金業者が介入しているのが現状です。中には個人が貸主になってお金を貸していることもありますが、いずれにしても法に従い正しい貸付を行うケースは基本的にはありません。お金を借りたいほど生活が困難な場合でも貸付以外の対策があるので、まずはそちらを検討してください。

審査や手続きがない個人間融資とは

今は簡単にどこでもお金を借りることができる社会になっています。自宅からでも、パソコンやスマートフォンからネットを通じてお金を借りることは可能になります。しかし、簡単に借りることができる社会ですが借りる前にはどんな金融機関でも審査があります。この審査に合格することで、借入が可能な状態になります。最近は、この審査に通らない人が利用するのが個人間融資です。個人間融資とは、その名前通りに金融機関ではなく個人から借入をすることです。そのために、個人間融資とは審査もなく手続きもない場合があります。審査に落ちる不安もなく、確実にお金を借りることができる利点が人気の秘密です。確かに、審査がないのはとても借りる側からは嬉しいことです。個人間融資とは、原則として貸す側も借りる側も自己責任でするということです。見知らぬ人に、貸すこともあり近年では詐欺が横行しています。これは、借りる側にも騙されることがあります。まず、借りたいと連絡をすると身分証の提示を指示されます。そして、個人情報だけ盗まれて、お金を借りることができないというケースもあります。この盗まれた個人情報で、本人になりすまし悪用される犯罪が実際に起きています。悪質な例には、借りる際に保証金という名目でお金を盗られることもよくあります。そして、本当に借入ができますが違法な金利を要求してくることも多く見られます。このような危険な行為はせずに、個人間融資は自分の知人などにすることが安全です。

個人間融資で詐欺が横行している

金融機関や貸金業者からお金を借りることができない、信頼できる家族や友人からもお金を借りることができない、そうなると多くの方が掲示板の個人間融資に目をつけます。掲示板にお金を借りたい旨を書き込むことで、貸したい人が連絡をくれます。その後は個人アドレスで連絡を取り合い、実際にお金を借りるかどうかを決めます。ここでなら確実にお金を借りることはできるでしょう。しかし、その融資の多くは詐欺である可能性が高くなっています。まず、掲示板個人間融資の貸主のほとんどは闇金業者です。また、中には個人が貸主となっているケースもありますが、個人だからと言って安心できるものではありません。闇金業者は法律を知っていても無視して貸付を行いますが、個人では法律をしらないまま貸付を行っていることが多くあります。個人間融資でも貸付規制はあり、どんな条件でも貸付ていいわけではないのですが、無知でもワザとでもいずれにしても法外な金利で貸付を受けることになるでしょう。また、お金を借りる側は立場が弱く、周囲に借金をしていることを知られたくないと思っている人も少なくはありません。そのため、そこに付け込み、性的交渉を要求するなどの詐欺にあう可能性もあります。掲示板の個人間融資では多くの詐欺行為が横行しています。もちろん、明るみになっていない行為もあるので、もっとひどい目にあう可能性も捨てきれません。そのためインターネット上で見ず知らずの人から融資を受けることはおすすめできないでしょう。

個人間融資で設定すべき金利とは

融資といえば、銀行や消費者金融でお金を借りるローン商品がありますが、個人間でもお金の貸し借りをするケースが多々あります。この場合には個人間融資になりますが、個人の貸し借りでも金利を設定する必要があります。少額であれば税務署も目を付けることはありませんが、多額の貸し付けを行った場合には譲渡とみなされるケースがあるためです。譲渡は譲渡した側に譲渡税を支払う義務があるためです。譲渡税は融資した金額そのものに掛かるのではなくそこで本来得られたであろう利益、つまり金利分に対して掛かるものになります。このため、税務署で指摘された場合には譲渡税を支払うことになります。特にこのトラブルが多いのが、親子間などで住宅資金を援助した場合などがあります。また個人間融資の場合では証拠として借用書や金銭貸借契約書を交わして、その証拠とする必要がありますし、確実に返済して欲しいのであれば、出金記録や入金記録を残すために銀行口座を通じてお金のやり取りをするのが無難です。個人間融資での金利設定としては出資法と利息制限法に則って行う必要があります。出資法では上限は年利20%となっており、これを超える利率は違法とされます。また利息制限法では、10万円以下が年利20%、10万円以上100万円以下が年利18%、100万円以上が年利15%が上限になります。これ以上の利率を取った場合には支払う必要のない過払いとして返還する義務があります。